Railwayに想いをこめて

ファインダーから始まる一期一会の物語

初夏のひととき

ちょっと不穏な話を聞いた。

この間の日曜日にロマンスカーの撮影で開成の田んぼで撮影した時のこと、同業者の方とロマンスカーの話の中で「ロマンスカーVSEが引退するかもしれない」と言う噂話が出た。

根拠を聞いたらどうもロマンスカー用のホームドアの設置に伴いVSEが運用から撤退するらしい。

最初に聞いたときは信じられないし根も葉もない噂話だろうと思ったけど、よく考えたらVSEって他のロマンスカーは20メートルでドアの位置も一緒、それに対してVSEは13.8メートルと車輛が短いしドアの位置も違うし安全対策の事を考えるとホームドアの設置の障害になっていると考えられる。

確かにGSEは連接車ではなく20メートルのボギー車を導入したのは確かに合点がいく。

日曜日の午前中に乗り換えで京成の日暮里駅のホームを見たがスカイライナーの専用ホームにはホームドアが設置されており、もしかしたらロマンスカー用のホームドアの設置は近いかもしれない。

新宿・小田原・箱根湯本はロマンスカーの専用ホームがあり設置は可能かもしれないが、他のロマンスカー停車駅のホームドアの設置はどうするのだろうかと疑問に感じた。

仮に設置となるとVSEの後継車両はどうするのだろうか。

現在のロマンスカーの乗車率を考えたら減便は考えられないからGSEの増備になるのかそれとも別の新型車両なのか気になるが、小田急電鉄の発表を待つしかないが安全の事を考えたら仕方が無い事だと思う。

以前バリアフリー法の施行に伴い、ハイデッカー構造が仇になって引退をせざるをえなかったRSEの二の舞にならないことを祈るしかありません。

 

本題へと参りましょう!

 

前回の記事はこちらから

 

r312street.hatenablog.jp

 

この間の日曜日は一日中撮影してまいりました。

今回は午前中のお話でも。

中央線・山手線・京成線と乗り継ぎ小岩にある小岩菖蒲園に向かう、車窓を眺めると雲は少しあるものの気持ちの良い青空が広がっている。

無事に江戸川駅に到着して小岩菖蒲園に咲いている花菖蒲を見ると見事に満開で撮影に向けて一気にテンションが上がるし何か良い写真が撮れそうな予感だ。

 

ロケハンする前に表情のある雲を見つけてパチリ。

f:id:R312street:20190619003222j:image

京成本線 江戸川~国府

どうしても雲があるとついつい撮ってしまいます(笑)

 

今回のメインがスカイライナーの車両が充当されているモーニングライナーだから一層気合が入るが唯一の不安が通路に見物客が構図に入るのが不安だが果たして?

f:id:R312street:20190619003241j:image

やっぱり入ってしまいました(^^;

こればかりは仕方ありません(笑)

それでも綺麗な花菖蒲ですがちょっとボリューム感が足りないのでもう少しロケハンをして構図を練っていく。

f:id:R312street:20190619003316j:image
f:id:R312street:20190619003258j:image
f:id:R312street:20190619003332j:image

初夏の風が画面から伝わってきますね。

曇っている時の花菖蒲も良いと思ったけど晴れている時も輝いているように感じるし、何か生き生きしている感じだ。

 

今回は花菖蒲がメインでしたがもちろん花菖蒲以外にも季節感のある花が咲いているのですが次回のお楽しみです!