Railwayに想いをこめて

ファインダーから始まる一期一会の物語

初夏のひととき②

ここ最近は仕事が忙しくてブログの更新が滞って中々前に進まない状態ですが写真のストックはあるので大丈夫ですが、撮ってからUPするまでの時間がだいぶ経っているので鮮度落ちになっているのが・・・

反省しなくてはいけないと同時に更新頻度を上げないといけない次第です。

 

本題へと参りましょう!

 

前回の記事はこちらから

 

r312street.hatenablog.jp

 

前回は花菖蒲を中心にお届けしましたが、今回は花菖蒲以外の花をUPします。

 

花菖蒲と電車を撮り終えて菖蒲園の中を歩くと紫陽花がいっぱい咲いていたりラベンダーがほんの少しではあるが咲いていたりと色々と目移りする。

f:id:R312street:20190624232913j:image

 

京成本線 江戸川~国府

まさか東京都内でラベンダーと鉄道が撮れるとは思わなかった。

ラベンダーと鉄道と言うと北海道にあるファーム富田にあるラベンダー畑と富良野線を走る列車を一緒に撮ることが出来るが、関東エリアだと聞いたことがないのである意味貴重な撮影ポイントではないでしょうか。

 

今度は初夏の花と言えば紫陽花に登場してもらいましょう!

f:id:R312street:20190624233004j:image
f:id:R312street:20190624232940j:image

 

どちらかといえば雨が降っていて尚且つしっとり感があった方が好きだけど、晴れた時の鮮やかさも中々なものです。

今週は平日休みがあるから、そろそろ箱根登山鉄道の紫陽花を撮りに行こうかと思うけど、最古参の107形が7月で引退するうえに人気のある撮影ポイントである大平台周辺は混雑必至だろうし都内だと朝早くから出掛けても早くて7時台の後半にならないと着かないと思うけど、近場の方だと朝6時台から待ち構えている強者がいると聞いているが何とか絵になる一枚は撮りたいものです。

 

次回は小岩菖蒲園を離れて午後の部はロマンスカーを撮りに開成の田んぼに向かいますが、果たして良い写真は撮れたのでしょうか?