Railwayに想いをこめて

ファインダーから始まる一期一会の物語

超有名撮影地の水鏡

早速本題へと参りましょう!
5月のとある休みの日に久しぶりに東大宮〜蓮田にある通称「ヒガハス」に行って参りました!
と言っても去年の8月下旬に稲刈り前の鉄道写真を撮りに行きましたが大した成果が得られず悔しい思いをしましたが、今回は5年振りとなる水鏡の撮影をして参りました。

朝の3時半くらいに起床して4時に自宅を出発して外環道に入るが、流石に車の流れはスムーズで順調に進んでいく。
やがて東北道に入るが降りるインターが岩槻というのもあり結構な近距離ドライブだし気楽なものです。
山梨や福島等への日帰りの撮影旅に比べたら身体の負担は楽だしいつもの1/4くらいの距離だから余計に短く感じるのは言うまでもない(笑)

出発して1時間しないうちに無事にヒガハスに着いたが雲一つない快晴だし風も全く無くて撮影が楽しみだ!
水が張っているだけの田んぼや田植えが終わっている田んぼを見ながら、どのポジションで撮ろうかロケハンしながら探っていく。


東北本線宇都宮線東大宮〜蓮田

なかなかの水鏡感だけど土が出ているのは残念だけど贅沢を言うのはいけませんね(笑)

どうしてもまだまだ感があるので別のポジションに移動して「TOYOTAロングパスエクスプレス」を久しぶりにパチリ!

日が段々と上がってきて適度な明るさになり良い感じになってきた。
田植えが終わった後の水鏡も良いですね(^^)
赤い機関車と鮮やかな青のコンテナとの組み合わせは最高です。

次は田んぼと屋敷森を手前にあって列車が奥に置いた構図で撮ります。

編成写真を撮るのも良いと思いますが、場所を変えると季節感のある写真がいっぱい撮れます。
春は桜・初秋の季節は稲刈り・冬になると「ギラリ」のシーンも撮る事が出来るので筆者にとっては「一粒で何度も美味しい」撮影地では無いかと思います。

ヒガハスは普通列車以外にも時刻表には載っていない列車が来ます。
どんな列車を撮ってきたかは次回のお楽しみです!

ラスト1時間のドラマ

東京でも大雨が降り大変な1日になりました。
ここ最近東海や四国のダムで貯水率が0に近い状況とのことだったのですが、この一雨で貯水率が回復すると良いですが、この後は晴れの予報が続くのであまり気を緩められない感じでしょうか。
筆者も福岡に住んでいた時に給水制限や節水が長い期間を経験しましたが結構辛いものがありました。
台風の接近で大雨が降り貯水率が一気に回復しましたがこのような経験は二度としたくないですね。
今年は空梅雨にならないのを祈るしかありませんが、かと言って極端な集中豪雨も勘弁してもらいたいものです。

本題へと参りましょう!
線路に「ギラリ」が始まり急いで近くの高台に登り臨戦態勢を整える。
線路や電線が本格的にキラキラし始めてきていよいよ日没までのラスト1時間が始まった。

総武本線 物井〜佐倉

中々のギラリっぷりに思わずワクワクです(^^)
少し風が吹いているせいか田んぼにはさざなみが立っているが風が止むのも時間の問題だろう。

少し場所を変えて撮っていますが、全ての田んぼに水が張っていて気持ちいいですし軽トラの存在感もなかなか絵になりますね(笑)

日没が近づき色が段々と変化してきた。


オレンジ色になって来ているのがよくわかりますね。

日没まであと5分になり、風も止んで田んぼにも水鏡になって来た!
後は「成田エクスプレス」がやってくるのを待つばかり。
太陽が雲に隠れる事も無い完璧なギラリになるシチュエーションが整った!


中々オレンジ色感が強い「エロ光線」ですね(笑)
何とも堪らない夕方のワンシーンだし何となくドラマティックな1枚になったのではないでしょうか(^^)
これがあるから鉄道写真はやめられないのは間違いありません(笑)
日没ギリギリまで粘った甲斐がありましたしゴールデンウィークのオーラスを飾って良かったと思います。

スピード感

奄美地方で梅雨入りが発表しましたね。
イメージ的には沖縄の方が最初に梅雨入りすると思ったけど、奄美の方が早いのは意外な気がします。
このニュースを聞くとあともう少しで本州でも続々と梅雨入りの話を聞く事になるだろう。
去年は西日本で大きい被害がありました。
鉄道の話になると中国地方の豪雨の影響で山陽本線が不通になり貨物輸送に大きな影響を受けて、復旧するまでは山陰本線経由の迂回貨物があったのは記憶に新しいところだ。

トラック輸送が主体とは言え長距離ドライバーの人手不足の影響して、ヤマトや佐川や福山通運などの大手でも鉄道輸送に頼っているが、もし豪雨などで線路が寸断されたら大きい被害になるのは確かだし物流にも大きい影響を受けるのは間違いないだろう。
今年は被害が無い事を祈るばかりです。

本題へと参りましょう!
空を大きく入れた鉄道写真や水鏡などを撮ってまいりましたが、今回は流し撮り編です。

今まで「成田エクスプレス」の流し撮りは何度かチャレンジしてまいりましたが、あまり上手くいった試しがありません(^^;;

これまでは被写体との距離が近くて列車のスピードについて行けなくて失敗写真を量産しましたが、線路から100メートル以上離れたところで望遠で撮ります。

総武本線 物井〜佐倉

新緑の森をバックに先頭車同士の連結して疾走する姿はやっぱりカッコイイ!
このシーンをずっと撮っていましたがなかなか上手くいかなかったので、やっとシンクロしてくれたので一際嬉しいです(笑)

この後直ぐに移動して水鏡を入れた流し撮りにチャレンジします。
普通列車で練習するが失敗が続きシャッタースピードを1/60秒に設定して本番に備える。

取り敢えずは上手くいったものの風が強く吹いて水鏡にならなかったのが心残りなのは間違いないありません(^^;;
気温が上がるとどうしても暖かい風が吹いて水鏡になるのは難しいですし風を遮るものが無いけど来年は綺麗な水鏡で成功したいですね。

そうこうしているうちに日没まであと1時間くらいになり列車にもギラリが始まりました。
別の場所に移動してゴールデンウィーク撮影記のフィナーレを迎えます。

晩春のひととき

ここ2、3日気温が高くなり東京ではついに夏日を記録した(^^;;
少し前までは寒かったと思えばお花見もつい最近の出来事ではあるけど、あっという間に晩春を迎えたが気分はもう初夏の陽気でいっぱいだ。
外回りの仕事をしている私としては大変な季節だし10月の初旬までは暑い日々が続くかと思うと結構憂鬱なのは間違いありません。
去年は猛暑日が続きましたが今年もそんな日がいっぱいあるのでしょうか?

ゴールデンウィークの撮影の続きへと参りましょう!

最初は御殿場線で富士山バックに田んぼの水鏡の撮影を考えていましたが、全くと言っていいくらい情報が上がっていなかったのでプランを変更しました。

何処で撮ろうか雲の動きを見ながら検討した結果今年の1月以来となる総武本線の撮影に行ってまいりました!

午後の昼下がりの時間からの撮影の上に午後2〜3時にならないと順光にならないので、今回は日没までの3時間くらいの間に色々なバリエーションで撮ってまいりました。
撮り終わったら直ぐに移動するスタイルで挑む完全なスプリント戦です。

総武本線物井駅を降りて早速空の具合を確かめるがまずまずの青空だが雲の状況は場所によっては表情があったり無かったりと少し悩ましい。

取り敢えず田んぼに水が張っており大部分は田植えも終わりすっかり初秋の季節に向かっているかのようだ。

まずは特急「しおさい」がやって来た。

総武本線 物井〜佐倉
雲に表情はあまり無いけど、何か気持ちの良い青空だしのんびり感があって良いですね。

この後は定番撮影地の亀崎の踏切に近づき成田エクスプレスと水鏡を撮るが、バックには自分の鉄道写真には欠かせない表情のある雲が良い感じがあったのでワクワクする。


1月に行った時は日没前の成田エクスプレスの「ギラリ」を捉えたが、あれから4ヶ月が経ち太陽も位置も違うし写真の印象もだいぶ変わったような気がします。
それでも列車が綺麗に水鏡になっているしバックの雲の表情もなかなかです!

亀崎踏切で撮影を終えて直ぐに移動して別の場所で雲のある写真を撮ります。

冬の間は雲の表情を捉えた写真は少なかったが久し振りに再会したような気持ちでシャッターを切った感じでしょうか?
果たして今年の夏は何回雲が撮れるか楽しみだ!

今回はスプリント戦です!
次回は以前から成田エクスプレス流し撮りをしておりますが今まで満足出来る写真が撮れなかったのですが、果たして今回は上手くいったのでしょうか?
次回もお楽しみに!

田園の宝石を探して

ゴールデンウィーク明けてから最初の休みは久しぶりに超のつくとある有名鉄道撮影地に行って参りました。
鉄道写真を始めた頃は寝台特急北斗星」や「カシオペア」を撮りに良く撮りに行ってましたし、珍しい列車が来るとわかると血眼のようにひたすら撮影しまくってました(笑)
今回は所謂「ネタ列車」はありませんでしたが、水鏡や貨物列車や配給列車をいっぱい撮る事が出来て充実したのは言うまでもありません(笑)
今年の1月以来の編成写真を撮りましたが何か原点に帰って来た気持ちでいっぱいだし、鉄道写真の基本中の基本を改めて学んだような気がします。
その時の模様は後日アップします!

本題へと参りましょう!
新緑とロマンスカーを撮り終えて新松田駅近くのラーメン屋さんで昼食を摂り開成にある田んぼに向かいますが何か花が咲いているのではないかと期待に胸が踊る。
田んぼの畦道を歩くと草刈りや土を耕したりと田植えの準備をされている方がポツポツと見かけた。
何か初秋へ向けてのプロローグが始まったかのように。

畦道を左右を見ながら花が咲いているか探すがなかなか見つからず苦戦を強いられる。
ひょっとしたらネモフィラが少し咲いているとかタンポポが咲いているのではないかと微かに期待をしたが全くありませんでした(笑)

それでも田んぼの一角にあるレンゲの花が咲いてるを見つけて、午後の撮影のメインに据える。
バックに住宅をどのように隠して処理するかが良い写真を撮る鍵になりそうだ。


小田急線 開成〜栢山

2枚とも写真の出来はまずまずだが、何かまだまだ感がある。
最初の写真は優しい描写で結構好きな一枚だけど、2枚目は右側に家が写っているから構図が甘いのでここから先は構図を練りに練ってどんどん追い込んでいく。
カメラを下に向けたり上に向けたりと試行錯誤を繰り返した後ロマンスカーVSEがやって来た!
思った以上に出来が良いのでロマンスカーカレンダーのフォトコンに応募しても良いのではないかと思う一枚ですね(^^)
立夏を過ぎて初夏を思わせる空気感がたまりませんし晩春が近いのを実感せずにはいられません。

もう少し欲張って更に構図を作り試行錯誤を繰り返してやっとベストの構図を見つけました。
踏み切りが鳴りロマンスカーGSEがゆっくりゆっくりとやって来た!

構図そのものはちょっと窮屈だけどレンゲの花や草が逆光の中宝石のようにキラキラと輝いているかのようだ!
ちょっと自分らしくないけどなかなか面白い一枚が撮れたと思うし結構満足したのは言うまでもありません。
今回は開成の田んぼの状況が分からずぶっつけ本番の撮影になりましたが充実したのは間違いありませんし、レンゲの花に感謝をせずにはいられません。

新緑感

長いゴールデンウィークが終わり仕事が今日からと言う方が殆どだと思います。
勿論私も今日から仕事ですが休みが長かったせいかあまり会社には行きたくない気持ちです(笑)

ゴールデンウィークの撮影の方はあまり順調とは行きませんでしたが、新緑と水田は撮ってまいりました。
ただゴールデンウィークの前半の天候不順は正直言って痛かったです。
前半は長野か山梨に行って新緑の中を行く鉄道写真を考えたが先程書いたように天候不順でパスして都内でモノクロの鉄道写真を撮りましたが正直言ってこれと言った収穫が無かったのは言うまでもありません。

後半に入っても急に雷雨になったり晴れの予報でも雲が広がっていたりとなかなか上手く行かなくて撮影プランの変更を余儀なくされた。
御殿場線で富士山バックの鉄道写真もプランの中に入っていたけど、晴れの予報だけど薄い雲が広がる予報になって青空が期待出来ないのでそれもパス。
GPV天気予報で雲の動きを見ながら撮影プランを作って何とか上手く行ったけど消化不良のゴールデンウィークでした。

と言う訳で今回は新緑を感じる鉄道写真をお届けします。

自宅から中央線に乗車し新宿で小田急線の急行電車に乗り継ぎ新松田へと向かうがゴールデンウィークの真っ只中とあって車内は結構混んでいる。
その後下北沢で運良く座ることが出来たが、この後も乗り降りがあるもののどんどんと車内が混んでいく。
普段だったら本厚木から先は車内は空くことが多いけど箱根や小田原に観光に行くお客さんでごった返して終点の小田原まで混んでいたのは間違いないだろう。

無事に新松田に到着して跨線橋から富士山をチェックしたが、薄い雲が広がって富士山が見えるものの何かワクワク感が無いまま最初の撮影地に向かう。
秦野の方向に向かうことおよそ25分程で撮影ポイントに到着!
去年はLSEの引退が近かったせいか撮影者が多かったけど、これといったものが無かったせいか今年は誰もいなかった。
それでも新緑と渓流がなんとも堪らない!

右に行ったり左に行ったりと構図を作っていくうちにロマンスカーがやって来た。


小田急線 渋沢〜新松田

雲が広がっているものの時より陽射しもあったので助かったのもあるが、この新緑感と川の清涼感はやっぱり良いですね。
去年の今頃はだいぶ深緑になったからイマイチだったけど今年はイキイキとした新緑を撮ることが出来て良かったと思う。

さて午後は去年の5月以来の開成にある田んぼの撮影ポイントに向かいます。
果たしてどんな出会いがあったのでしょうか?

平成最後のお花見

いよいよ令和元年が始まり新しい時代の幕開けなのかそれとも平成時代とは違う苦しい時代になるのかは分からない。
ここはポジティブに考えて行きたいと思うが果たしてどんな未来が待っているのだろうか?
平成時代は自分にとって楽しいことがあったり苦しいことがあったりと山あり谷ありの時代を過ごしてきた。
自分は就職氷河期の世代だから就職するのにとにかく時間がかかったし就職してからも仕事も勿論だけど人間関係に苦労をした難しい時代だったと思う。

本題に入る前に少しカメラの話でも。
昨日デジカメinfoを見ていたらキヤノンのミラーレスカメラEOS RPの売り上げが伸び悩んでいる記事が出ていたが、正直言って納得する話だと思う。
ボディは15万くらいだが、レンズは20万以上のLレンズばかり・・・
せめて5・6万くらいで買える標準レンズを先に出さないとEOS RPを買いたいユーザーなんてあまりいないだろうし、このスペックだったら6D2や5D4やキスデジからの買い替えという風にはならないと思うし自分が仮にキヤノンユーザーでも絶対に買わないだろう。
キヤノンマーケティングが上手いイメージがあるけどミラーレスに関してはシェアはある程度高いけど戦略的に苦しいのではないか。
SONYPanasonicオリンパス富士フイルムは5年以上前からミラーレスを開発販売しているがキヤノンNikonがミラーレスに対する評価が低くここに来て漸く本腰を入れ始めてきたが時すでに遅しの状況かもしれないし、全ての面で遅れをとっているのは明白だろう。
ミノルタのαショックの時はEOSを発売して一気にトップシェアを獲得したが、今回はかなり苦しい戦いになるだろうし中国のメーカーが部品を寄せ集めて新しいカメラを製造販売することも予想されるから難しい時代になるのではないかと思う。
何か少し前のiPodWALKMANの関係を見ているようだし、戦後はレンジファインダー機が主流だったがNikonが一眼レフを開発してから流れが一気に変わったように感じるのは私だけでしょうか?

ようやく本題へと参りましょう!
午後からは場所を移動するが桃の花が綺麗でワクワクするしおまけに快晴だから楽しくて仕方がない(笑)
午前中は丘の上からだったが、午後は桃の木に近づいてもう少し桃源郷感を感じる一枚を狙っていく。


中央本線 新府〜穴山

今回は構図を2種類作ってカメラを2台同時にして撮影したけど、2枚目の方が桃源郷感があって良いでは無いでしょうか。
桃の花がキラキラ輝いているかのようだ!
何かワクワクする光景だし山梨に来た甲斐があったと思う。

今度は富士山と桃の花を絡めようと時間をかけてロケハンするがなかなか構図がしっくり来なくて苦戦する。
最初に撮った丘の上から少し下がったところがベストな場所と判断して三脚を立てて「あずさ」が来るのを待つ。
何年か前に別の場所で撮った事はあったけど中途半端な形に終わったが果たして?

「あずさ」の存在感は小さいが富士山と桃の花の存在感はやっぱり抜群だ!
桜とは違ったパラダイス感があると思うし本当の意味で春の楽園をいっぱい味わったような感じだし、平成最後のお花見を充分に満喫したから本当に楽しい時間だったのは間違いありません。
これから令和の時代になるが果たしてどんな鉄道風景に出逢えるのかますます楽しみだ!