Railwayに想いをこめて

ファインダーから始まる一期一会の物語

なごり桜

この間ヤフーニュースを見ていたら、半沢直樹の続編が来年放送されるらしい。

「ロスジェネの逆襲」をベースに制作されるらしいが期待を裏切らない作品にしてもらいたい。

2013年に放送された当時は筆者もリアルタイムで見ていましたし最終回は40%以上の高視聴率でしたね。

最終回の半沢直樹と大和田常務とのバトルは圧巻でしたしこのドラマの最大のハイライトでした。

ただ原作にある程度忠実に再現されていると思いますが、ドラマでの表現上キャラクターの設定を変更したりストーリーを変えたりと原作を読んでいる筆者にとってに物足りない内容だったと思います。

次の続編では演技経験のないお笑い芸人やアイドルグループからの起用は正直言って要らないし無名でも良いから演技の上手い役者を起用してもらいたいものだ。

TBSはそう言うサプライズ好きだから何をしでかすかわからないが・・・

個人的には香川照之の再登場があるかに注目しているが、再登場したらしたでストーリーが崩れる恐れがあるし難しいところ。

ただ歌舞伎を始めてから顔芸に磨きがかかっているし、ヤフコメでは評判が良いようですが個人的には苦手です^_^;

演技が上手い役者さんですし何か勿体無いと思うのは筆者だけでしょうか(笑)

 

本題へと参りましょう!

先週のとある平日休みに中央西線に行って参りました。

去年の11月の紅葉の時以来になりますが、今回は新緑と鉄道写真を撮りに行きましたが中々なものでしたが新緑の写真後日改めてUPします。

 

r312street.hatenablog.jp

 朝の三時半に自宅を出発して首都高速・中央道を通り一旦小淵沢小海線の大カーブで朝練した後再び高速に乗り塩尻のインターで降りて中山道を南下する、奈良井を過ぎ鳥居峠を越えて木祖村にある藪原の撮影ポイントに到着。

見事な新緑だし早く撮りたい衝動に駆られる。

ロケハンして構図も作ってみるが、列車が來るまで時間があったので何か花が咲いていないか探すと八重桜を見つけて超広角レンズに付け替えて列車が来るのを待つ。

「しなの」が一瞬で通過するので一気に緊張感が増すし失敗できないが果たして・・・

f:id:R312street:20190530105130j:image
f:id:R312street:20190530105108j:image

 

中央本線(中央西線) 奈良井〜藪原

八重桜はだいぶ散って葉桜にはなってはいたものの晩春の1ページとして気持ちいい一枚だし記憶のある一枚になったと思いますしこれから初夏へ向けてのプロローグではないでしょうか。

まさか5月の下旬に八重桜を見ることが出来て良かったですし何か宝物を見つけたような気がします。

八重桜の横には葉桜になった枝垂桜もあるので来年の桜の季節が楽しみです。

 

今回の記事で100作目になりました。

去年の11月に始めて半年以上経ちあっという間でしたが、これからも季節感のある鉄道写真を撮り続けたいと思う次第です。